主に泣いてます

現実と妄想の狭間で漂う

はじめに

はじめまして。

ジャニオタです。

はじめての投稿なので、ジャニオタ自己紹介します。

 

と、言っても私はジャニーズではないのでよくドル誌でオタクが産んだ連発するような生い立ちヒストリーではないです(周知)

私の暮らしなんて誰も興味がない一点張りで生きているので聞かれたら話すけど聞かれてないのに己のことは話しません。

でも人の自己紹介は大好きです。

(もういいから早くやれ)

 

 

高校時代。いや、もっと前からジャニーズは好きだった。

子供の頃は、親に勉強の時間だと決められていた時間にコソコソ「それ行けKinKi大冒険」を見て、見つかってはしばらくテレビ禁止にされていた。

 

でも当時録画機を操作できない田舎のクソガキ(私)は何が何でもリアタイしたくてひとつ下の弟を見張りに立たせ、マメマメ星人を懲りずに見ていました。

 

明星にその時の最新ヒットソングが載っている小冊子みたいなのありましたよね?

それの歌詞を見ながら好きなところに蛍光ペンで線をひいたり、ここ好き!とか最高にどうでもいい書き込みをして歌を覚えていたのを覚えています。

今はそれをツイッターでやっているだけであって当時と特に変わってない… 

 

そんな小学生でした。

(見ていたテレビで年齢察しました?察してください)

 

 

その後はV6(学校へ行こう!全盛期ビーラップハイスクール)、嵐(二宮くん命同担拒否の青(黒)春時代)ときて少し間があいて今現在はHey! Say! JUMPが好きです。

(私のJUMPはchau#から)

f:id:jyujyuuuuu:20170619061033j:plain

 

 

Hey!Say!JUMPを好きになるまでジャニーズのコンサートへ行ったことがありませんでした。

 

よくツイッターで茶の間、ゆるオタって言葉を見ますが本物のなんの雑じり気もない茶の間でした。

いや、視聴者って言葉の方がしっくりくるくらい。

 

多分最初にファンになったのは堂本剛くんで、初めて買ったCDも硝子の少年だったけれど気づいたら剛くんはENDLICHERI☆ENDLICHERIになっていた。

f:id:jyujyuuuuu:20170619060928j:plain

街はすごく好きだったけれど、何だかもうよくわからなくなった。

 

後、周りに突然同担が増えて青春時代嫉妬と独占欲丸出しの私は本当は好きなのに同担から剛くんの話を聞くのが嫌でファンではないことにしていた(闇)

 

そしたら嵐がデビューした(くそ雑)

 

f:id:jyujyuuuuu:20170619091110j:image

 久々に写真見たら死ぬほどかっこいい…目がいい…いや、全部…あんたは神様だ…

こちらは神様が舎弟だった頃(ハンドク)

 

二宮くんと嵐は私の青春で、特にコンサートへ行ったことも何かイベントで直接会った訳ではないけれど、今となっては神様であり信仰でありわたしの常備薬みたいなところがある。

辛くなったら二宮くんに助けてもう。

もちろん二宮くんも辛くしてくることもある(その時は地獄)

 

当時周りに同担がいすぎて同担拒否の私は他の人から発せられる二宮くんの話は何も聞きたくなかったのでジャニオタではない風を装って暮らしていた。

嵐だったら二宮くん…かな?というのが当時のオタ隠しの常套句だった。

そして装いすぎで全く違う界隈でオタクをしていた(混乱の行動)

 

長くなったので(ちょっと面倒くさくなった)Hey!Say!JUMPと伊野尾くんとの出会いはまた今度にしようと思うが、今は同担拒否はないし、むしろ同担歓迎みんなで伊野尾くんそしてHey!Say!JUMPという神輿を担いでいこう!!かわいいかっこいいって騒いでもっともっと輝いてもらおうね…(泣)っていう気持ちでオタクをしている。

 

コンサートで、いわゆるJUMP担というようなフワフワとしたかわいらしい女の子たちを見て舌打ちしながら羨ましくて泣いています。

 

そんなジャニオタになりたかったから。

 

友達と連番して双子コーデキメたり、髪の毛にメンカラ編み込んだり、現場で写真とったりキャーキャーしたかったよ。本当は。

 

しなくても今はとても楽しいけど、そういう青春時代現場を過ごして今は落ち着いたよね〜って穏やかな心持ちで生首ぶら下げてる若者をながめるジャニオタになりたかったな〜

 

 

メインのHey!Say!JUMPのことは思いっきり割愛した(なぜ)けど、Hey!Say!JUMPがすごくすきでHey!Say!JUMPがかわいいかわいいって泣くのが趣味です。

 

ジャニーズJr.も好きです。

萩谷慧悟くんとLove-tuneを見守っています。

 

よろしくお願いします。